七夕の由来とは?短冊の意味は?願い事を書くのはなぜ?



7月7日は七夕(たなばた)の日ですね。

七夕は誰でも知っていますよね。

どんな話を知っていますか?



ひこ星と織り姫が、年に一度の7月7日に会えるというお話です。

というのは、とても有名な話ですので皆さん知っていると思います。



先日、姪っ子に「七夕のお話をして!」と言われ、

先ほどの話をしたのですが、

「そんなの知ってる〜」と怒られてしまいました。



そこで、七夕ってなんだろうと思い、調べてみました。



また、七夕と言えば、短冊があります。



これも七夕に短冊に願い事を書けば、願いが叶うって言うけれど、

なんでだろ??

と言うことで、短冊についても調べてみました。



スポンサードリンク








七夕の由来

七夕の由来には、三つの元となるお話があるんです。

たぶん、「え!?三つ??」と思われた方が多いでしょう。



それぞれの話があわさって、

現代の七夕になったと思われます。




彦星と織姫

誰もが知っている、彦星と織姫の話が元となっています。

昔、ある所に彦星という青年と、織姫という大変綺麗な女性がいました。

二人は、真面目な性格で、よく働いていたのです。


彦星は牛飼い、織姫は機織り(はたおり)をしていました。


二人は出会い、お互いに好きになり、結婚したのです。
彦星と織姫




しかし、真面目だった、彦星も織姫も

働きもせずに、遊んでばかりいるようになりました。



その様子を見た天帝は、怒り、二人を引き離してしまいます。



今度は、引き離された二人はあまりにも悲しくて、

また何もしなくなりました。


天帝もこの様子をみかね、年に一度だけ、会うことを許したのです。


その日が、7月7日というのが、彦星と織姫のお話です。




スポンサードリンク









棚機津女伝説

さて、いきなり問題です。

棚機津女、この漢字の読みは何でしょうか?



わかりました?棚機津女とかいて「たなばたつめ」と読みます。



僕は最初、読めませんでした。

「たなきつおんな」と読んでしまいました^^;



この伝説は、日本の古来から伝わる伝説が元になっています。



昔、はたおり機のことを棚機(たなばた)と呼び、

はたおり機で、織り物をする女性のことを、棚機津女(たなばたつめ)と呼んでしまいました。


彼女たちは、現代でいうところの、巫女のような人たちで、

織物を編んで、神様に秋の収穫の無事をお祈りしていました。



お祈りをする日が、7月7日の夕方にしていました。

この話から、奈良時代には宮廷の行事となり、

民間には、江戸時代ころから伝わったと言われています。



また、7月7日の夕方に行っていたことから、「七夕=しちせき」と読まれていたのが、

「七夕=たなばた」と読まれるようになりました。





乞巧奠

またまた、漢字の問題です(笑)

今回は、難読の漢字がたくさん出てきますね。


正解は、乞巧奠(きっこうでん、きこうでん)と読みます。



この話は、中国の古くからのお祭りです。

陰暦の7月7日に、女性が織物、裁縫などが上手くなるようにとお祈りする行事でした。



この話が伝わったのが、棚機津女伝説と同じ、奈良時代のころと言われています。

そして、この二つが結びつき、宮中行事になったようです。






七夕にはなぜ短冊を飾るの?

七夕といえば、笹に短冊を飾りますね。

短冊に願い事を書けば、叶うと言われています。
短冊・願い事


どうして、短冊に願い事を書くようになったか知っていますか?



昔、里芋の葉に溜まった、朝露を硯(すずり)に入れて、を作り

その墨で短冊に字を書き、それを飾ると字が上手くなるという風習がありました。



この風習と、乞巧奠や棚機津女伝説で、織物・裁縫が上手くなるようにとお祈りもしていました。



そこから、短冊に願い事を書き、叶うようにと、

始まったのではないかと言われています。


七夕で、笹に短冊を飾るというのは、こういうことだったんですね。


たくさん、お願いごとをしていろんな夢が叶うといいですよね。


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事

    記事が見当たりません


コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ