急性心筋梗塞の原因は? 予防するための食生活は?



急性心筋梗塞でなくなる有名人が亡くなる方がおおいです。
先日もWinnyを開発したことで有名な金子勇さんが亡くなられました。

 

たまに見かけることがあるこの病名。
おそらく、心臓の病気であろうというのはすぐに分かるのですが、
それ以上の詳しいことはわからないことが多いです。

 

明日は我が身かもしれない。。。あってはいけませんが。
もし、予防することができるのであればしておきたい!ってことで調べてみました。

 

スポンサードリンク






 

急性心筋梗塞の前兆

病気ですから、何にだって前兆というものがあります。
風邪を引くときも頭が痛くなったり、くしゃみがでたり。

急性心筋梗塞の前兆とはどういうものがあるのでしょうか?
  • 食欲がなくなる
  • 心臓のあたりが痛みだす
  • 鼻詰まりがある
  • 不規則なゲップがでる
  • 背中に強い痛み
上記のような症状が出ていることが多いそうです。

この病気は一番働き盛りの方が多いと思うので
少しでもこの症状がでたかたはちょっと用心するのが一番ですね。

 

大事な仕事が残っている、取引先に行かなければ・・・と無理をすることが
一番体に良くないです。
いくら頑張っても生きていなければ意味が無いですからね!

 


急性心筋梗塞の原因と予防

原因は血管に詰まった脂質がプラークと呼ばれる塊が血管をつまらせるのが一番の原因です。

血管に脂肪を詰まらせないためになにから始めるのかというと・・・

 

 

食生活の改善

一番大事なことは食生活の見直しをしましょう。
動物性の高カロリーの食事は血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を増やし、
血管をつまらせてしまいます。

 

食事にはバランスのとれたミネラル、ビタミンを補給するようにすればいいでしょう。
最近では抗酸化食品が注目されています。

 

他に。食事だけでなくアルコールの摂取量にも注意が必要です。

 

スポンサードリンク







 

急性心筋梗塞の予防に必ず取り入れたいこと

食事の管理ができてきたなら、
今度は、普段の生活の中でも急性心筋梗塞にならないための管理を
して行きましょう。

 

まずは運動をすることを心がけましょう。
手軽に始められるランニングやウォーキングがいいでしょう。

 

運動をすることによって得られると思われるのが睡眠です。
こちらも規則正しい睡眠をすることは急性心筋梗塞の予防に
大変良いとされています。

 

そして、できることならタバコは控えることにしましょう。
禁煙外来など、最近は通院して禁煙することも可能です。

 

 

定期的に自己管理をする

これまでの
食事管理、運動、タバコなどを控えることが出来れば、
最後に自己の管理をするようにしましょう。
体重、血圧の計測を定期的に行うことです。
また、健康診断なども取り入れ、
血圧、総コレステロール、中性脂肪、HDLコレステロールの値
を要チェックして、動脈硬化の進行を管理するのも大切です。

 

 

最後に・・・

急性心筋梗塞は普段の生活を改めることで
簡単に防ぐことができる病気です。

毎日、できることから始めればかかることがない
病気だとおもいました。
健康で長生きできるように日々心がけていきたいです。


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事

    記事が見当たりません


コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ