うどん そうめん ひやむぎ 違いとは??



うどん、そうめん、ひやむぎ違いがわかりますか?

実はどれも同じです。

原材料は小麦粉から作られています。

そこに水、塩、油を混ぜてよく練ってから作られるのです。

 

ではなぜ違うのか?

答えは日本農林規格。通称JASにありました。

JASマークは一度は見かけたことがあると思います。

 

↓こんなマークです。

jasマーク

 

 

この日本農林規格にそれぞれの規格が定められていたのです。

 

 

 

うどん、そうめん、ひやむぎの違いは麺の太さ

すべては麺の太さで決まります。

直径1.7mm以上ならうどん

直径1.3mm以上1.7mm未満ならひやむぎ

直径1.3mm未満ならそうめん

 

たったこれだけの違いなんです。

 

ただし、これは規格上の違いです。

 

そうめん

 

 

うどん、ひやむぎとそうめんは作り方が少し違います

規格上では麺の太さで変わって来ましたが、

本来は作り方も違うんです。

 

うどん、ひやむぎは小麦粉と水でよくこねて作ります。

そうめんの場合はそれ以外にも一手間加わります。

 

そうめんの表面には油を塗るのが本来の製造方法なのです。

そして、手で伸ばして作ったそうめんが「手延素麺」と呼ばれています。

 

また、手を使わずに機械で作られたそうめんを「機械素麺」と区別して

呼んでいるのです。

 

 

 

関西では素麺、関東ではひやむぎ?

実は僕はひやむぎを大人になるまで知りませんでした。

冷やして食べるうどんはざるうどんという感じでした。

ざるうどん

ひやむぎという言葉は大人になって東京に出てきてからでした。

たまたま、自分の家だけかというと、

周りの人に聞いても、関西育ちの人にはひやむぎよりもそうめんでした。

 

なぜかという理由はよくわかりませんが、

全国的に有名な揖保乃糸の産地が近いのが原因ではないかと思います。



 

 

 

あとがき

夏になると冷たいものが食べたくなります。

子供の頃は夏休みの昼ごはんと言えばそうめんでした。

このそうめんは子供には非常に物足りなく、あまり好きではありませんでした。

 

ただ、最近はそこそこの年齢になり、そうめんのようなさっぱりしたものが

よく食べたくなります。

 

風鈴の音とそうめんつゆに入れた氷がカラカラとなる

そんな、のんびりした夏の昼を過ごしたいものですね。

風鈴


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事

    記事が見当たりません


コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ