直木賞と芥川賞の違いとは?正確な事知ってますか?



直木賞と芥川賞の違いとは?

直木賞と芥川賞の違いとはなんでしょうか?

あなたはこの質問に答えられますか?

 

正直、文学作品に送られる賞だというのはわかるのですが

それ以上に説明しようと思っても詳しいことは全くわかりません。

 

いい機会なので、2つの賞をいろいろと調べることにしてみました。

 

本イラスト2

 

直木賞とは?

直木賞とは直木三十五を記念して作られました。

ですので、正式な名前は直木三十五賞です。

創設したきっかけは

文藝春秋社の社長と直木三十五が友人関係だったということです。

 

年に2回、選考が行われています。

上半期(12月から5月)と下半期(6月から11月)に分けられ、

それぞれ7月中旬1月中旬に選考会が行われています。

選考場所は東京の料亭・新喜楽の2階座敷で行われています。

 

名目上は新人作家への賞となっているが、

実際は中堅以上の作家が受賞することが多いようです。

 

なぜか、SF・ファンタジー物は受賞しないことでも

有名のようですね。知っていました?

 

 

スポンサードリンク






 

 

芥川賞とは?

こちらはすぐにどなたがモデルになっているかお分かりですね。

そう、芥川龍之介です。

こちらも正式な名前は芥川龍之介賞です。

 

こちらも年2回、選考が行われています。

選考時期は直木賞とおなじく7月中旬と1月中旬です。

選考場所は東京の料亭・新喜楽の1階で行われています。

直木賞は2階で芥川賞は1階ということになります。

 

こちらも選考対象は新人としていますが、

全くの無名作家が受賞することは珍しく、

他の新人賞などを取った作家が受賞することが多いようです。

このことから、「新人の総仕上げ」的な意味合いを持っています。

 

本イラスト1

 

料亭・新喜楽とは?

ところで、選考会場の新喜楽って気になりませんでした!?

直木賞・芥川賞の選考会場として使われている料亭です。

 

どんな料亭なのでしょうか。

 

1875年創業の老舗料亭で、

東京都築地に存在しています。

 



 

選考会だけでなく、政財界の打ち合わせなどに使われているようです。

 

なお、食べログの評価はなしで、平均予算は30,000円〜となっています。

口コミが2件投稿されており(2013年7月現在)

一人8万円または二人で8万円と値段に幅はあるものの、

日本三大料亭らしい、料金設定になっているようです。

ちなみに日本三大料亭は新喜楽、吉兆、金田中です。

http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13069814/

 

 

まとめ

直木賞も芥川賞も今までに何度も聞いたことは

あった賞ですが、詳しいことはなにも知らなかった。

 

まず、年に2回の選考が行われているのがびっくりでした。

たしかに、「今回の直木賞受賞作はこれ!」というようなニュースを

よく見るなとは感じていたが、その意味がわかってスッキリしました。

 

直木賞や芥川賞以外にも最近では本屋大賞というのも作られています。

こちらは出版社側ではなく本を売る側からみた賞ではあるが、

いろいろと文学賞は作られているようです。

 

先日も直木賞が発表されていましたので、

これを機会に本屋の文芸作品コーナーを覗いてみたいと思います。

 

調べていくうちに直木賞だったお気に入りの作品です。
「容疑者Xの献身」-東野圭吾


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事



コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ