七五三の着物はなぜ三歳で被布なのか?



七五三の着物は決まっているのか?

七五三の時の着物は決まっているのをご存じですか?

誰もが、小さいときに行った七五三。

だけど、ずいぶん昔の事でよく覚えてない。

という方が多いのではないでしょうか?

 

家族をお持ちで、年頃の子供さんがいる(いた)方なら

「そんなの当たり前!!」という声が聞こえてきそうです。

 

私の家庭にはまだ子供がいないのですが、

姪っ子がそんな時期らしく、先日七五三の話になったので

よくよく聞いて見ると、年齢によって着物がちがうようなので、

ビックリしました。

 

七五三でお出かけ

 

七五三のお参りに行く子供は何歳??

着物の話に入る前に、七五三の基礎知識をおさらいしてみます。

 

七五三なので、七歳五歳三歳でお参りに行くのは

僕だってわかります。

しかし、男の子と女の子でお参りする年齢が違っています。

 
  • 三歳(満年齢ではなく数え年)・・・男女ともに祝う
  • 五歳(数え年)・・・男の子が祝う
  • 七歳(数え年)・・・女の子が祝う
 

以上のようになります。

 

 

七五三の各年齢の由来

それぞれの年齢には意味があります。

よく、覚えておいてください。

 

三歳は髪置き(かみおき)と言われています。

これまで、髪を剃っていたのをこの年から長く伸ばしていく儀式です。

 

五歳は袴着(はかまぎ)と言われています。

生まれてきてから初めて袴を着る儀式です。

 

七歳は帯解きまたは紐解き(おびとき、ひもとき)と言われています。

これはそれまで使っていた、

着物を着る為の紐をやめて大人と同じように帯に替えましょう

という儀式です。

 

昔は節目毎にいろんな儀式があったものです。元服なんかもそうですね。

 

 

なぜ三歳に被布を着せるのか?

ようやく、ここからが今回の本題です。(長かった。。。)

七歳の時の理由で「紐をやめて・・・」とありました。

 

七歳までは江戸時代の子供たちは紐を結んで着物を着ていたのです。

着物に縫い付けてある紐を結んで着ていたのですが、

そのままではみっともないこともあり、

それを隠す為に被布というもので隠していたのです。

被布というのこう言うものです。


 

被布を着けないで、帯を巻いてもよいのですが、

小さな子供に負担がかからないように被布を着せているのです。

 

七歳の時の紐解きというのも、

この被布の紐を取って、帯を巻くようにするというのも

よく考えてあるなと思います。

 

 

まとめ

最近では、被布をレンタルしているところもあるようですね。

七五三・3歳女児の被布レンタル、インターネットでコチラからできます。

(2013年は11月16日が大安なので早めの予約が必要でしょうね。)

 

江戸時代は、数え年で行っていましたが、

今は満年齢でお参りに行く人も増えているとの事です。

 

今回、いろいろ調べていてなぜ、七歳の女の子は綺麗な着物で

三歳の女の子は前掛けをしているのだろう?という疑問は当初から

ありましたが、由来や理由を調べてみると納得がいき、

スッキリ!しました。


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事

    記事が見当たりません


コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ