七草粥の意味と由来は? いつ頃から食べるようになった?



お正月に食べるものと言えば、おせち料理だと思いますが、

その次に食べるものと言えば・・・

カレーでしょ?

 

と答えた方は、僕と同じくらいですかね?

わからない人は、学生さん?新入社員?結構、若い方ではないでしょうか?

 

今回は、カレーの話ではなく、七草粥のお話です。

新年を迎えて、

おせち料理の、次に、食べるものと言えば七草粥が、

日本の代表的な食べ物では、ないでしょうか?

 

七草粥の意味と由来、いつ食べるかについて、調べてみました。

 

 

スポンサードリンク






 

 

七草粥とは?

七草粥とは、1月7日の朝に、7種の野菜が入った、粥(かゆ)の事を指しています。

 

七草粥の中身は

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ

以上の、7種の野菜の事です。

七草

 

七草には、春と秋の2種類があり、正月に食べる七草粥には

春の七草を、入れて作ります。

 

なぜ、秋ではなく、春なのかというと

秋の七草は

観賞用の、秋に咲く花が中心だからです。

 

 

 

七草粥の意味は?

七草粥の意味は、

1月7日に、その年1年が健康で、平和に暮らせるようにとの意味を込めて、

七草粥を食べます。

 

なぜ、1月7日なのかということは、七草粥の由来で詳しく、説明します。

 

また、正月におせち料理などを食べ、疲れた胃腸を休めるとともに、

野菜が不足がちな冬に、ビタミンやミネラルを、

効果的に摂れる効果もあるのです。

 

七草粥のそれぞれの野菜には

 

せり・・・ビタミンB、カルシウムが豊富。胃を丈夫にし、食欲増進に効果

なずな・・・利尿作用、高血圧、胃や肝臓の回復

ごぎょう・・・気管支炎、咳止めなどに効果あり

はこべら・・・利尿作用に効果あり

ほとけのざ・・・胃の疲労回復、解熱効果

すずな・・・カルシウム、ビタミンC、ビタミンKが豊富。シミ・ソバカスを消す

すずしろ・・・胃や肝臓の回復。胸やけ、胃もたれに良いとされている

 

このように、非常に体に良いものばかりを使っています。

 

七草粥

 

 

非常に低カロリーですので、ダイエットの効果も見込めます。

ただ、毎日、七草粥を食べるという人はいないと思いますが…

 

 

 

七草粥の由来

七草粥の由来は、中国の人日の節句7種の野菜を入れて、汁物を食べ、

無病息災を、お祈りするという風習が、日本に伝わって広まったとされています。

 

人日(じんじつ)とは、昔、中国で

元日を鶏、2日は狗(いぬ)、3日は羊、

4日は猪、5日は牛、6日は馬、7日は人、8日は殻

を使って、占いをしていました。

 

7日の人の日には、邪気を祓う為に、七草粥を食べるようになりました。

 

なぜ、七草かについては

旬の野菜を摂ることで、自然界からの新しい力をもらい、活力がでる

信じられていたからと、伝えられています。

 

 

日本では、平安時代から宮中行事として「七草粥」を食べていました。

宮中行事というくらいですから、昔は天皇陛下や皇族の方々のみ

食べていました。

 

世間一般に、普及するには江戸時代まで、待たなければいけません。

 

江戸時代に入り、人日の節句は公式に祝日としたことで、

七草粥を食べると言う風習も、広まるようになったと言われています。

 

 

 

まとめ

このように、七草粥とは非常に歴史のある食べ物です。

 

ビタミンとかカルシウムなど、見つかっていない時代から日本で

親しまれているお粥です。

 

次の正月には、約1200年の歴史を感じながら、

ありがたく七草粥を頂きたいものですね。


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事

    記事が見当たりません


コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ