化粧水と乳液の違いは!? どんな意味があるの!?



化粧水と乳液の違いを理解しよう!

初めて化粧品を利用するとき、化粧水乳液がわからない人は多いと思います。

高校を卒業し社会人になり、化粧をする生活を始める

19~20歳くらいの女性に多い疑問のようです。



化粧水と乳液の違いについて理解することは大切ですが、

なぜ、女性が必要とするのかを把握することによって、正しく利用できるのです。



スポンサードリンク








化粧水とはどんな役割?

女性は20歳前後になると、肌の水分を保つ機能が衰えてきます。

保湿成分が含まれている化粧水を利用することにより、肌に潤いを満たしていきます。




私には化粧水なんて必要ないと感じている人でも、毎日のお手入れを怠っていれば

肌が乾燥しやすく、肌荒れの原因になってしまうのです。




化粧水は、肌に潤いを与えてくれるだけではなく、肌の奥まで浸透していくので

健康な肌をキープすることができるのです。



毎日のお肌のお手入れに欠かせないアイテムになるので、

良い物を利用していきましょう。




スポンサードリンク








乳液とはどんな役割?

人によって乳液は必要ないと言う人は多いようです。



しかし、乳液をしないと肌の潤いをキープすることができないので、

化粧水の後には、必ず乳液をすることが大切なのです。



乳液は、肌の潤いを閉じ込める役割があります。




化粧水で潤った肌は、何もしないとやがて乾燥してしまうのです。

そこで、乳液をすることにより、肌の潤いを保湿することができるというわけです!



人によって、オイリー肌という人もいると思いますが、

そのような人でも、薄く利用することをオススメします。



化粧水だけでも乳液だけでも効果は少なく、順番を間違えてもいけません。

乳液は化粧水の後に行い、付けすぎないように注意しましょうね!




そして、優しく肌を包み込むように

ゆっくりと浸透させていくイメージを持ち、毎日のケアをしていきましょう!
化粧水乳液とクリーム





おすすめの使い方とは?

化粧水と乳液の働きがわかると、これから正しく利用できるようになることでしょう。

毎日の肌のお手入れは、楽しく取り組んでいくことが大切です。

クレンジング・洗顔・化粧水・乳液・(クリーム)ここまでがスキンケアと言います。



このスキンケアを、きちんとしていくことで、健康的な肌をキープすることができ、

透明感で明るい肌へ変化していくのです。




日中と夜のお手入れ方法を変えると、より効果的です。

日中は乳液までにしておき、夜はクリームまで行いましょう。




クレンジングと洗顔がしっかりとできれば、化粧水や乳液も心地よくできますよ!


大切なポイントは、汚れをしっかりと落とすことです。

そして、肌に潤いをしっかりと与えていくケアをしていきましょう。


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事

    記事が見当たりません


コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ