ひな祭りの由来は? 保育園児にもわかるよう簡単に!



ひな祭りといえば、3月3日にひな人形を飾り、みんなでお祝いするものというのは、

みなさん知っていることですよね。



でも、先日、保育園に入った姪っ子に

「どうして、ひな祭りにひな人形を飾るの?」

と聞かれたのですが、うまく説明できませんでした。


たしかに、ひな祭りといえばひな人形を飾って、ちらし寿司やひなあられを食べる。

というのが、ほとんどの家庭で行われていることだと思います。



それがどうしてかなんて、考えた事もなく、当たり前のようにしていましたが

その理由を、調べてまいりましたので一緒に、見て行きましょう。



スポンサードリンク









ひな祭りの由来

まず、ひな祭りの由来についてです。

ひな祭りは、もともとは、ひな人形などを飾るお祭りではありませんでした。



これ、非常にビックリしました。

それが、なぜひな人形を飾るようになったのかが、ひな祭りの由来ともなってきます。



ひな祭りは、3月3日を指します。

3月3日は、桃の節句と言ったりしますよね。


桃の節句を、簡単に説明すると、

旧暦の3月3日に、桃の花が咲く頃だったからという理由があります。


旧暦も小さな子どもには難しいですね。

これは「昔の古いカレンダーよ」と説明しておきましょう。




この桃の節句に、昔の中国では、季節の変わり目には、悪い気が寄ってくると考えられていました。

その悪い気を払うために、川で手足を清めるという習慣がありました。



この風習が、平安時代、約1800年ほど昔に日本へ伝わってきました。

昔、学校で習った遣唐使の時代ですね。


それ以降、手を清めるのではなく、日本では人を模した形のものを川に流し、

自分の代わりに、悪い気を人形と一緒に流していたのが、ひな祭りの始まりです。


今でも「流し雛(ひな)」として残っている風習でもあるのです。


時は流れ、江戸時代になると子供たちの間で「ままごと」が流行ります。

人形で、遊ぶままごとです。


その人形が「ひな人形」へと変わり、

川に流すのではなく、家で飾るように変わってきたのです。

ひな人形



桃の節句が終わると、川に流していたものですから、綺麗だからといって、

長く飾っておくのは、非常に演技が悪い話ですね。


ひな人形を早く片付けないと、結婚が遅くなるというのは、

あながち、的を射ている部分もあるのです。

(悪い気が残っている人には、誰も寄ってきませんよね。)




スポンサードリンク









ひな祭りの食べ物とお供え物

ひな祭りには

  • ちらし寿司
  • はまぐりのお吸い物
  • ひなあられ・菱餅
  • 桃の花

などを食べたり、お供えしたりします。

これらにも、一つ一つ理由があるのです。




ちらし寿司

ちらし寿司の具は、何が入っているでしょうか?

思い出してみてください。

エビ、れんこん、豆、菜の花といったものが入っていないでしょうか?


これにはそれぞれ、意味があります。

  • エビ・・・腰がまがるまで長生きできるように
  • れんこん・・・将来の見通しが良くなるように
  • まめ・・・まめに取り組むように(勉強や働くこと)
  • 菜の花・・・春をイメージしています。

このような、意味があるのです。

おせち料理の意味と、重なる部分がありますね。

おせち料理については、以前コチラで書きました。⇒「おせち料理の由来は?種類と意味も教えて!」




はまぐりのお吸い物

はまぐりのお吸い物
はまぐりは、貝を開くと2枚の貝殻になります。

この2枚は同じ物同士でないと、絶対にピッタリ合わないのです。

別のはまぐりから、貝殻をもってきても合うことはありません。


このことから、はまぐりは、仲良くいつまでも過ごせるパートナーができるようにとの

願いから、はまぐりが使われるようになりました。



姪っ子には「将来、仲良しの旦那さんが見つかるから食べようね。」

と教えてあげたら、満面の笑みで「うん!」と言っていました。




ひなあられ・菱餅

菱餅
ひなあられ・菱餅には、いろいろな理由があるのですが、

たいてい色は3色ではないでしょうか?

赤・白・緑。この3色が多いと思います。



これにもそれぞれ、意味があるのです。

  • 赤・・・花のイメージ。魔除けの効果
  • 白・・・雪・雪解けのイメージ。子孫繁栄、長寿の願いを込めて
  • 緑・・・新緑のイメージ。厄除け、健康

というようなイメージがあります。


姪っ子には、食べるときに、一個一個見せながら説明すると、納得してくれていました。




桃の花

桃の花
桃は中国で、厄除け、魔除け、邪気を祓う木として有名です。

桃の花や葉を、酒に入れて飲むことで健康になるとも伝えられています。


桃の花や葉を入れない代わりに、

お酒を飲むのもここから始まったと言われています。


姪っ子には、「元気をくれる、すごい木なのよ。悪い鬼を退治してくれるの。」

と伝えると、なんとなく分かった様子でした。






まとめ

ひな祭りは、人形を飾って、楽しむものと思っていましたが、

それぞれ、すべてに意味があるのです。


僕も、今回はじめて知ったものもたくさんありました。



できるだけ、簡単に書いてみました。

小さな子供たちにも伝わるように書いてみたのですが、

どうでしょうか?


小さな子どもに話してみた、感想など、お待ちしています。


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事

    記事が見当たりません


コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ