確定申告とは? サラリーマンでも必要な人は?



確定申告、聞いたことはあるけど、どんなもの?

という人は、多いのではないでしょうか。

 

「確定申告、知っているよ。自営業の人がするものでしょ!?」

と思っている方も、もう一度確認してみましょう。

 

もしかすると、確定申告でお金が戻ってくるかもしれません。

 

 

スポンサードリンク






 

 

確定申告とは?

計算書

 

確定申告とは、1月1日から12月31日の間の収入と支出を計算し、

税務署に確定申告書を提出することで、その年の税金を確定することです。

 

サラリーマン、OLの方!

「税金は、毎月、給料から天引きされているし関係ないじゃん!」

と思われていませんか?

 

それは、大きな間違いですよ。

 

確定申告をしなければいけない人は、次の通りです。


  • 年収が2000万円以上の人
  • 勤務先以外の収入が、年間20万円以上の人
  • 災害減免法により源泉徴収の猶予などを受けている人
 

「年収が2000万円も無いし、やっぱり関係無いじゃん!」

と思われた方は、その下をよ~く見てください。

 

「年間20万円以上の収入がある人」となっています。

このくらいなら、該当する人がいるのではないでしょうか?

 

年間20万円ですから、月17000円の収入があれば、オーバーしてしまいます。

 

株、FX、不動産投資、アフィリエイト…

「本を出版したらベストセラーになった」

「オリジナルの歌が、オリコン初登場1位になった」

「自動販売機の設置場所を見つけて、紹介した」

「モデルのスカウトをして、紹介した。」

 

給料以外での収入を、持っている方であれば、

1年で、20万円以上になっていないか一度、計算してみましょう。

 

 

 

サラリーマン(OL)でも、スーツの購入費用が経費で落とせる!?

平成25年度から、確定申告の仕組みが変わりました。

専門用語で、「給与所得者の特定支出控除」と言います。

 

今までは、サラリーマン(OL)のスーツの購入費用や、接待の飲食費、新聞・書籍の購入代金

などは、確定申告をすることが出来ませんでした。

 

ただし、なんでも良いと言うわけではありませんので、注意が必要です。

また、適用されるには、基準となる金額がありますから、こちらもチェックが必要です。

 

電卓

 

 

給与をもらっている人の、特定支出控除の適用基準は以下の通りです。


年収 基準となる金額
1500万円以下 給与所得控除額×1/2
1500万円以上 125万円
 

1500万円以下の方は、自分の年収から給与所得控除額を、計算しなければなりません。

これにも、計算式がありますが、ここでは割愛します。

 

給与所得控除額の計算は、こちらのページを参考にしてください。

国税庁|給与所得控除

 

だいたい、年収300万円の人で54万円、年収800万円の人で100万円となります。

これらの、金額以上の経費を使っていれば、確定申告をすることで、一年の収入を抑える事が出来ます。

 


スポンサードリンク






 


 

サラリーマン(OL)の経費として落とせるものには、どんなものがある?

どんなものが、経費として使えるのでしょうか?
  1. 通勤費
  2. 転居費
  3. 研修費
  4. 資格取得費
  5. 帰宅旅費
  6. 勤務必要費
以上が使える事になります。

 

それぞれの内容を、見て行きましょう。

 

通勤費

通勤の為に、使った交通費の事です。

電車、バス、船などの定期券などがそうです。

 

また、車通勤の場合は、ガソリン代や高速料金も含まれます。

 

 

転居費

転勤などで、引っ越しが発生した時に使った費用です。

引越し時の交通費、宿泊代、引っ越し代、梱包材の購入費などが含まれます。

 

 

研修費

仕事上で必要な、研修費用が含まれます。

こちらも、その研修で使った交通費も含まれます。

 

 

資格取得費

仕事上で必要な、資格取得費用です。

IT関連の資格は、高額ですので、経費にできるのは良いですね。

 

また、資格取得の合否に関係なく、費用として使えるとことは嬉しいですね。

 

 

帰宅旅費

単身赴任先から、実家に帰る時に使う交通費です。

1ヶ月の間に片道で8回まで、経費に含めることができます。

 

 

勤務必要費

こちらが、平成25年度から対象になったものです。

会社の勤務に必要な、ものの購入費用だったり、支出であったりします。

 

具体的には以下のものがあります。

 
  • 新聞購入代金
  • スーツの購入費用
  • 交際費、接待費
 

新聞購入代金は、電子媒体もOKです。

ただし、それを見るための、タブレット端末の購入代金は含まれません。

 

スーツの購入費用はいいのですが、私服の場合は入りません。

最近は、私服のサラリーマンも増えてきていますが、確定申告には、含めることができません。

 

お金100ドル札

 

 

確定申告をして、税金を抑えよう

平成25年度から、サラリーマン(OL)にも自営業者と同じように

仕事上で必要だったものが、経費で落とせるようになったということです。

 

実際は、年明け後、確定申告期間に

確定申告書に記入し、税務署に提出しなければいけません。

 

確定申告をすれば、課税対象の所得が減って、税金が減ったり、

還付金として、戻ってくるかもしれません。

 

僕は、毎年早めに確定申告書を提出しています。

提出期間は毎年、2月中旬から。1週間以内に提出すると、

だいたい、3月下旬、遅くても4月の上旬には、還付金が戻ってきます。

 

上手く、やりくりすれば、5万〜7万くらい戻ってきた事もありました。

春の、この時期にちょっとした、お小遣いになるので、とっても助かります!

 

ぜひ、来年は確定申告を、考えてみてはどうでしょうか?


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事

    記事が見当たりません


コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ