大掃除のコツと順番は!? 大掃除に必要な準備はコレだ!!



年末の大掃除 のコツ!!

「年末に行われる徹底的な掃除」のことを、

我が国では昔から「大掃除」と呼んできました。



大掃除は、日本ならではの伝統的な年中行事の一つです。



どこのご家庭でも、年に1度、家中の「煤払い(すすはらい)」を行い、

「新しい年を迎える準備」を行います。


今回はその大掃除について、見ていきたいと思います。



スポンサードリンク








そもそも「大掃除」とは?

大掃除とは、既にお話したように、新年を迎える準備の一つです。

家の内外を一年に一度、徹底的に掃除します。



最近では多くの場合、「年末の仕事休み」に入ってから、

この大掃除を行うのが一般的です。



しかし、江戸時代の頃は、もっと早い時期に大掃除が行われていました。



当時、江戸城では毎年12月13日が「すす払いの日」と定められていて、

多くの民家はこれに習って、12月13日に大掃除を行っていました。



当時の大掃除は、お正月を迎えるために家中を掃除して綺麗にする、

というよりは、「年神様」をお迎えするために、家を清めることを目的としていました。



「神様をお迎えする」ということは、その年の安泰を願うということです。



「大掃除」は、煤(すす)とともに、年内の穢れや厄をお祓いする意味もあり、

非常に神聖な儀式の一つと考えられてきました。



現代では、このような考え方で年末の大掃除を行う人は減ってきています。


しかし、理由はどうであれ、新年を気持ちよく迎えるために、

是非、続けて行きたい習慣です。



ただ単に家中の「掃除をする」というだけではなく、

「来年もまた良い年でありますように」という願いを込めて行いたいものです。



スポンサードリンク








大掃除の準備

「大掃除」を行うにあたり、ある程度の事前の準備が必要です。

「大掃除」を効率的に行うために、どのような事前準備が必要なのでしょうか。




1.計画を立てる

まずは大掃除の計画を立ててみましょう。

大掃除は普段の掃除とは異なり、行き当たりばったり行ってはいけません。



しっかりと「リスト」を作ったうえで、効率的に進めていくのが鉄則です。



きちんとした計画を立てずに勢いだけで始めてしまうと、

様々な無駄が生まれ、大掃除が年内に終わらない、なんて悲劇に陥りかねません。



新年を迎える準備は、年内のうちにきちんと整えておきたいものです。

基本的に大掃除を行う際には、大掃除のために数日間を確保して、

計画どおり、順番通りに掃除を行うよう心がけましょう





2、大掃除で使う道具を事前に用意する

大掃除で使う掃除道具は、あらかじめ用意しておきましょう。

手の届くところへ、まとめおくといいでしょう。



大掃除を始めてから、使うものを買いに歩くのは非常に効率が悪いです。



洗剤やゴミ袋等も勿論ですが、障子や襖の張替えを予定している場合は、

新しい襖紙や障子紙も忘れずに買い揃えておきましょう。



今はアイロンで貼れる障子紙なども売っています。

手を汚さず簡単に張替えができてお勧めです。

(はがす時もアイロンで剥がせます)



古いタオルやバスタオル、古着のTシャツなどを適当な大きさに切って

簡易雑巾を作っておくと、使い捨てに出来て非常に便利です。  
大掃除雑巾がけ


「古新聞」や、使わなくなった「歯ブラシ」、「綿棒」「割り箸」「竹串」など

大掃除では大活躍します。






大掃除の順番

大掃除に限らず掃除は順番が大切です。

どのような順番で大掃除を行うかで、その成果は随分変わってきます。




  • 高いところから低いところへ
    掃除はほこりが舞うので「高いところ」から始め、

    最後に「低いところ」を行うのが正しい掃除の仕方です。



    「低いところ」をいくら頑張って掃除をしても、

    最後に「高いところ」の掃除で

    大量のほこりが床に落ちたのでは意味がありませんね。



    最初に、電気の傘や棚の上のほこりを上から下に落としていきます。

    全てのほこりを 床に落とし切ったところで、最後に床に掃除機をかけ、

    クイックル等で最後に床の拭き掃除をするといいでしょう。
    大掃除床拭き
  • 奥から手前へ
    大掃除に限らず、掃除の基本は、「上から下へ」と「奥から手前へ」です。

    基本的な掃除のコツですが、知らない人が意外に多いです。

    これを守るか守らないかで、効率に大きな差が出ます。



    部屋の掃除は、玄関やベランダから一番遠い部屋から始めましょう。



    徐々にゴミを掃き出していって、

    最終的に、たまったほこりを

    玄関やベランダから屋外に掃き出してしまいます。


  • 狭い場所から始める
    大掃除を始める際に、いきなり大きなリビングから始めてしまうのではなく、

    トイレなど狭い場所から順番に始めるといいでしょう。



    小さい場所はすぐに掃除も終わるので、「達成感」を得やすく、

    比較的やる気が持続しやすいです。


  • 窓やベランダなどは寒さが厳しくなる前に始める
    窓の拭き掃除やベランダの掃除など、外気に触れながら掃除をする場所は、

    寒さが厳しくなる前に済ませておくのが得策です。



    できるだけ12月上旬の、晴れた日に掃除をします。

    実際には11月下旬から12月中旬にかけて、

    窓の拭き掃除などを終わらせる方が多いようです。
    大掃除窓ふき
  • 掃除は午前中から始める
    大掃除は、朝から始めると、余裕を持って終わらすことが出来ます。

    一日の時間は限られているので、できるだけ早い時間から動き出しましょう。


    掃除をした後は、風通しを良くして充分乾かさないと、カビの原因になります。


    午前中の早い時間から大掃除を始めたほうが理にかなっています。



  • 放置系洗剤を使って効率よく掃除する
    水回りには放置系の洗剤を使うと時間が短縮出来ます。 

    お風呂場、洗面所、トイレなどの「水周り」は放置系掃除に最適です。



    お風呂場は、洗剤をつけて放置しておくと、他の部屋の掃除している間に、

    汚れが浮き出てきて洗いやすくなります。



    使用するのに適しているのは、時間をかけて汚れに洗剤が浸透したり、

    カビ汚れを分解して落としてくれる「バイオ系洗剤」です。



    湯船の残り湯に専用の漂白剤を入れて、お風呂の小物類をつけておき

    漂白除菌を行うのもお勧めです。



    つけおきは細部まで汚れがよく落ちるので、朝のうちにセットしておくと、

    夕方にはすっかり汚れが落ちて綺麗になっています。
    大掃除トイレ





大掃除に片付けるためのコツは?

いらないもの、使わないものは思い切って捨てる!

「処分する力」は大掃除を成功させるコツの一つです。



過去1年間使わなかったものは捨てるなど、

自分たちなりのルールを決めて、思い切って決断することが大切です。



どうしても迷ったら「迷い中ボックス」などにいれておきましょう。



使っていなくても捨てられないものは色々とあると思います。


本当に重要なものだけを残して、後は処分する勇気が欲しいものです。



もちろん、不用品を「ネットオークション」や「バザー」などに出品して、

現金化するのもいい方法です。






100均などで手に入る道具を利用する

大掃除で使う道具は、100円ショップなどでも手に入ります。

いまどきの100円ショップは、大抵なんでも置いてあります。



スーパーで300円、500円するような掃除グッズが、

100円ショップで手に入ることも珍しくないです。


是非賢く利用してみましょう。

(ただし、安いからといって、無駄に大量に買わないように注意しましょう) 






大掃除のちょっとしたアイデアとコツ

簡単!クイックルワイパーで網戸掃除!

大掃除で欠かせないのが、家中の窓ふきと網戸掃除です。

クイックルワーパーを使って、網戸掃除をすると、とっても簡単にできます。



まず、クイックルワイパーとクイックルワイパー立体吸着ウエットシートを用意します。



クイックルワイパーの柄を取り外して、

持ち手の部分を直接ヘッドにつけ、柄を短くします。



クイックルワイパーのヘッドに、立体吸着ウエットシートを取り付けて、

網戸を拭き掃除します。



力を入れなくても簡単に汚れが落ちます。



シートのデコボコが網戸のほこりを絡め取ってくれるだけではなく、

シートに染み込んでいる洗浄成分が、網戸の油汚れを綺麗に落としてくれます。



網戸は格子状なので、タテ、ヨコ、斜め、いろいろな角度で拭くと、

よりほこりが取れやすいです。



汚れのひどい時は、ガラスや鏡洗剤のガラスマジックリンがおすすめです。



大きめのスポンジに水を含ませて、水が垂れない程度まで絞ったあと、

ガラスマジックリンをスポンジにスプレーして泡立てます。



網戸全体に泡を拭きのばすと頑固な汚れも浮き上がります。

最後は、水で絞った雑巾で泡を拭き取って終了。



寒い年末は、クイックルワイパーを使った簡単網戸掃除がおすすめです。




カーテンは晴れた日の朝に洗い、そのまま吊るして干してしまう!

カーテンは洗濯機で洗ったあと、そのままカーテンレールに吊り下げて干すといいです。

気が付くと乾いています。






最後に

年に一度の大掃除、家族みんなで協力して、手際よく行いたいものですね。




お子さんが小さいうちは、どうしても出来ることは限られますが、



お子さんも一緒に参加させてあげて、

みんなでやる、という意識を持たせることも大事だったりします。



お母さんだけが忙しい、という状況を作り出さないように、

年に一度の大掃除ぐらいは、家族みんなで協力して行いたいものです。


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事

    記事が見当たりません


コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ