紫陽花の日を知っていますか?6月の6のつく日にするおまじない。



6月の6のつく日に紫陽花を半紙に巻いて、

水引をつけてトイレに逆さに吊しておくと将来病気にならない

というおまじないがあるそうです。

女性の病気をしないようにするというのが多く、

また、水引の色によって金運があがるようなおまじないというのもあるみたいです。

トイレではなく玄関先に吊すというところもありました。

いままで、知らなかったのですが、先日嫁が出先で聞いてきて話してくれました。

ただ、共通していることがありましたのでそれを書いてみます。


スポンサードリンク







1.紫陽花、半紙、水引(結婚祝いとかの袋についてるチョウチョ結びのあれ)を用意する

2.半紙に住人の氏名、生年月日を書き、半紙で巻いて水引をつける

3.トイレに逆さに吊しておく

これだけで、婦人病の予防になるそうです。男性には痛風の予防にもなるというのがありました。

また、水引は普通は紅白のものをつかいますが、金色にすれば金運アップのおまじないにもなるということです。

紫陽花の花言葉は「元気な女性」。

このおまじないで病気のない元気な女性が増えてくれればいいですね。

そういえば、今日は6月26日。今年最後の紫陽花の日ですので

このおまじないをやってみてはいかかでしょうか?

紫陽花の花言葉は元気な女性


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事

    記事が見当たりません


コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ