年賀状のマナー 言葉に気をつけて! 投函前にチェック!



年賀状を出す前にもう一度チェック!

年賀状は新年の挨拶です。

 

新年の初っ端から、赤っ恥を書いてしまっていては、目も当てられないので、

投函前に、僕が必ずチェックしている事をご紹介いたします。

 

 

スポンサードリンク






 

年賀状に忌み言葉を使っていないかチェックする

忌み言葉とは、不吉な言葉、マイナスの言葉などです。

お祝いごとや、結婚式などでも、使わない言葉がありますよね。

 

例えば、「別れる」、「離れる」、「失われる」などがあります。

 

こういった言葉を、使っていないかチェックしています。

やってしまいがちなのが、近況などを添える時に書いてしまわないように

気を付けましょう。

 

一番、多い間違い例が「去年」です。

「去」も忌み言葉の漢字になります。

 

「去年」ではなく、「昨年」と置き換えて使いましょう。

 

謹賀新年

 

 

 

 

同じ意味の言葉を使っていないかチェック!

同じ意味の言葉を繰り返していないかチェックしましょう。

 

「一月一日 元旦」

この書き方は間違いです。

「元旦」の意味は一月一日の朝という意味です。

 

正しくは「平成◯◯年 元旦」です。

 

 

「謹賀新年」と「あけましおめでとう」

「謹賀新年」と書いて、さらに「あけましおめでとう」と書くと

同じ意味の言葉を2度、書いていることになります。

 

 

「新年あけましておめでとうございます」

この表現も間違っています。

「新年」には、新しい年が明けた事を意味しています。

「新年」と「あけましおめでとうございます」は、意味がかぶっていますので

間違いです。

 

あけましておめでとう

 

 

 

 

賀詞の使い方

賀詞・・・「謹賀新年」、「迎春」など

 

こちらは、以前のエントリーでもご紹介しましたように、

年賀状の出す相手によって変えないといけません。

 

目上の人、会社の上司、友人、知人分けて使いましょう。

 

賀詞と使い方については以下のエントリーを参照下さい。

 

年賀状のマナー! 賀詞の使い方 あなたの年賀状は大丈夫?

年賀状の賀詞! 意味と読み方を一覧にまとめてみた

 

 

以上がひと通り、毎年チェックしている項目です。

 

 

スポンサードリンク







 

年賀状に付け足すオススメの一言

最近では、家電量販店や本屋さんに行くと、とても安く

年賀状のデザイン本が、購入できます。

 

「筆まめ」「筆ぐるめ」などのソフトを買えば、翌年以降は

対応のデザイン本を購入すれば、

毎年のコストパーフォーマンスは劇的に下がります。

 

デザインなどは、500円くらいで、

購入でき、その中から選べば年賀状が完成します。

 

あとは、一言付け足したい方へ、

直筆のメッセージを書いていけばいいでしょう。

 

 

その中で、僕が使っているオススメの言葉を、幾つかあげてみます。

オススメと言っても、いつも使っているだけなんですけどね^^;

 
  • ◯◯◯◯年も、◯◯様にとって、良い年になりますように
  • 昨年、出かけた◯◯はとっても良かったね。今年も行こう!
  • お久しぶりです。お元気ですか?また時間を合わせて、食事でも行きましょう!
  • 風邪など引いてませんか?ご体、ご自愛ください
  • ウチの家族は、みんな元気一杯です。そちらはどうですか?
  • 今度、カラオケでも行きましょう〜
  • スキー(スノボ)行きました?また、一緒に行きましょう!
 

などです。今年の抱負、近況報告、提案がいいと思います。

 

目上の人、全く最近あってない人、同僚、後輩。

差し出し相手の事をよく考えて、書いてみたらいいかもしれませんね。

 

 

 

まとめ

どうだったでしょうか?

年賀状のチェックは出来ていますか?

 

この記事が、今年の年賀状のプラスになれば光栄です。

 

 

これまで、間違った年賀状を送っていませんでしたか?


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事

    記事が見当たりません


コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ