ドレスコードとは? スマートカジュアルってどんな格好?



今度の、休みはホテルでディナー

 

初めてのコース料理に、高まる鼓動!

ドキドキ!ワクワク!

 

テーブル・マナーも調べたし、もうバッチリ!

もう、待てなくて、何度も何度もホテルのホームページをチェック。

そうすると、気になる言葉が・・・

 

「ドレスコードはスマートカジュアルでお越しください。」

 

「スマートカジュアル???」

「ドレスコードは知っているけど・・・スマートカジュアル???」

 

そんな、あなたにドレスコードのスマートカジュアルとは、

どういう服装なのかを、ご説明します。

 

 

スポンサードリンク






 

 

ドレスコードとは?

まず、ドレスコードのおさらいをしておきましょう。

 

ドレスコードとは、日本語で言うと服装規定という意味です。

ホテル、レストラン、パーティーに来られる時の服装は、ちゃんとしてください。

という決まりです。

 

では、決まりに従って、服を選びましょう。ということになるのですが、

このドレスコードには、レベルで別れています。

 

格式張った順に言うと、正礼装、準礼装、略礼装となります。

今回は、それぞれの説明は省きますが、

男性はモーニングやタキシード。女性はロングドレスやカクテルドレス

と言った服装のことです。

スマートカジュアル
photo credit: kevin dooley via photopin cc

 

 

 

スマートカジュアルとは?

それでは、今回のスマートカジュアルというドレスコード

どういった服装の事を、指すのでしょうか?

 

ホテル、レストランによって、多少の違いはありますが、

Tシャツ、短パン、ノースリーブ、ダメージジーンズ、スニーカー、サンダル

以外であればOKですというところが、多いです。

 

代表的な服装として、

男性は
  • ジャケット
  • 襟付きシャツ
  • チノパン
女性は
  • ワンピース
  • シャツ
  • スカート
になります。

 

 

 

スマートカジュアルに厳格な規定はない!?

ジーンズはNGという、意見がありますが、

最近では、先にあげたダメージジーンズではない限りOKのところもあります。

 

ホテルのレストランに勤めている知人に聞いた所、

「その場の雰囲気に、馴染んでいれば断ることはほとんど無い。」

という風にも言っていました。

 

ドレスコードで、

スマートカジュアルを設定しているホテルやレストランは、

その場の雰囲気を壊さない為に、設定しています。

 

高級レストランで、食事をしている時に、ジャージで着ているお客さんが居ると

なんか、周りのお客さんも嫌ですよね。

 

他人を不愉快にさせない格好をしていくのが、スマートカジュアルではないでしょうか?

 

 

スポンサードリンク







 

それでも、スマートカジュアルに自信がない場合

スマートカジュアルに関する本やホームページ、いろいろ見たけどまだ心配!

そんな方は、

 


  • お店に電話で確認する。
  • 実際の様子を確認してくる


という方法を、試してみてはどうでしょうか?

 

 

電話で確認する

ホテルであれ、レストランであれ、電話で確認すれば、

丁寧に教えてくれます。

 

先ほどの知人の場合も、

ドレスコードについての問い合わせには、こう答えなさいという

マニュアルもあるそうです。

 

 

実際の様子を確認してくる

もし、可能であれば、当日までに実際にそこへ行って

自分の目で確認してくるというのはどうでしょう。

 

そこで、お客様が着ている服装などをチェックしてみれば、

どういう服装ならばOKというのが一目瞭然です。

 

なかなか入りにくいというお店でも、道路に面しているお店なら

前を通るだけでも、見ることができるでしょう。

 

そうすると、どのような雰囲気か分かるでしょう。

 

実際に様子を見てくるというのはオススメです。

レストラン

 

 

 

まとめ

スマートカジュアルという、ドレスコードは
  • Tシャツ、短パン、ノースリーブ、サンダルは避ける
  • 男性はジャケット、襟付きシャツ、チノパン
  • 女性はワンピース、シャツ、スカート
これさえ守っておけば安心です。


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事



コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ