iPhoneのウィッシュリストが使いやすい! 気になるアプリをiTunesで管理する方法



iPhoneのウィッシュリストが、超使いやすくなりました。

iPhoneで、TwitterやFacebookを使っていると、

 

◯◯のアプリは、使いやすくて便利!

 

3日間限定!アプリ無料!

 

などの、情報がよく入ってきます。

気になった、なっていたアプリに限って、

 

電車を降りなければいけなかったり、電話を書けないといけなかったり…

すぐに、ダウンロード出来ない時があります。

 

そんな時に、役に立つのが、iOS7のiTunesから利用できるウィッシュリストです。

その使い方を今日はご紹介します。

 

 

スポンサードリンク






 

 

ウィッシュリストの使い方

1.iTunesで目当てのアプリを表示します。

iTunesウィッシュリスト1

 

試しに、「1Password」と検索してみます。

パスワードの管理ができる、非常に便利なアプリです。

 

 

 

2.画面、右上の共有ボタンをタップ

ウィッシュリスト5

 

 

 

3.コントロールパネルの「ウィッシュリストに追加」をタップ

iTunesウィッシュリスト3

タップすると、アプリのアイコンが右のウィッシュリストに

吸い込まれていくような、演出があるので、入ったことがわかります。

 

 

 

4.右上のウィッシュリストをタップして確認します。

iTunesウィッシュリスト2

iTunesウィッシュリスト4

ウィッシュリストに追加されたいるのがわかります。

 

これで、ウィッシュリストに追加する作業は完了です。

 

 

 

まとめ

今回のように、ウィッシュリストに、一時的に保存しておくと、

後から、アプリの内容を確認してから買うようになります。

 

そうすることで、無駄使いが減った感じがします。

タイムセールなどは期限があるので、それまでには決めないといけないのですが…

 

 

1Password
1Password (1,600円)
(2013.10.16時点)
posted with ポチレバ
今回、記事中に登場したアプリ、「1Password」です。

ログインID、パスワードを管理でき、パソコンとの同期も

簡単にできます。

 

「パソコンで登録した、あのサイトのIDとパスワードはなんだっけ?」

ということが、無くなります。


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事



コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ