結婚祝いのお返し!? おための意味とは? 渡すのはいつ?



結婚祝いを頂いた場合、お返しをみなさんされますよね。

 

結婚祝いのお返しに、「おため」という習慣が、

関西圏にあります。

 

主に関西圏の風習ですので、ほとんどの方が聞き慣れない言葉かもしれません。

 

実は関西圏でも、全ての家でやっているわけではないのです。

僕も、結婚が決まった時に、嫁から「おため」というものを聞き、

初めて知ったくらいです。

 

僕は兵庫県出身で、嫁は大阪府出身です。

 

結婚する当事者にならないと、知らない事って多いのかもしれませんけどね。

 

今回は、関西圏に伝わる「おため」について調べてみました。

 

 

スポンサードリンク






 

 

おための意味

おため

おためとは、「お多芽」と書きます。

また、「おうつり」とも言われています。

 

他には、めおとがみ(夫婦紙)、おため返しとも呼ばれます。

 

おための由来は、「お祝いを頂いた方のためにというところから、

おためと、呼ばれるようになったと言われています。

 

おためのそもそもの、始まりは

重箱にお菓子などをもらった時に、その重箱を返す時、洗って返していました。

その際、重箱の中に白い半紙を入れて、返し始めたのがきっかけと言われています。

 

京都で始まったと言われていますが、それが大阪では同じように半紙を入れ、

交通費として、中身の品物の1割くらいの金額を入れていました。

 

京都と大阪の風習が、そのまま残り、お祝いにはおためを返すという習慣が出来たのです。

 

 

 

おための渡し方

おための渡し方としては、正式な方法は

広蓋(ひろぶた)に、富久紗(ふくさ)を掛け、風呂敷に2重に包んで渡します。

 

大げさだという場合は、広蓋よりも小さい、切手盆を使うのもよいでしょう。

 

切手盆とはこういった、小さなお盆です。

紀州塗り 木質 8寸 切手盆 漆塗り (金縁無し)

 

 

 

 

おためはいくら必要?

おための金額としては、一体、いくら必要なのでしょうか?

 

おための由来でも、書いていますが、頂いたお祝いの1割をお返しするのが

一般的になっています。

 

3万円のご祝儀を頂いた時は、3,000円とするのが普通です。

 

また、品物でお祝いを頂く場合があります。

この場合も、その品物の値段の1割をおためとして、お返しします。

 

 

スポンサードリンク







 

おためはいつ渡すの?

おためはいつ渡すものなのでしょうか?

 

お祝いを頂いた方へのお礼として、渡しますので、その時が一番良いでしょう。

 

また、結婚式に来られた方へは渡したほうが良いのか?と考える方がいらっしゃいます。

 

基本的には、お祝いを頂いた方へのお礼ですので、お渡しした方が良いですが、

遠方から来られる方には、「御車代」として、

また、結婚式の場合、「引出物」を渡すことが多いので、

おため」を渡すことは、しないようです。

 

僕も「おため」は出していません。

結婚

 

 

 

まとめ

  • おためとは、お祝いを頂いた方へのお返し
  • おためは、頂いた時に渡す
  • おためは、祝儀の金額の1割をお返しするのが一般的
もし、相手の家がおためをする方は、参考にしてください。

 

 


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事

    記事が見当たりません


コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ