本籍地の変更はどこでも自由! ディズニーランドが本籍地!?



本籍地はどこにでも変更できる!?

本籍地とはWikipediaによると

1948年に全面改正施行された戸籍法による日本の現行戸籍制度において、戸籍に記載される人が任意に定める、日本国内のいずれかの場所のこと。

その場所を示す所在地表示が戸籍の「本籍」の欄に記載され、筆頭者氏名とともに、戸籍を表示する方法として用いられる。

と書かれています。

「戸籍に記載される人が任意に定める、日本国内のいずれかの場所のこと。」

とあるように、実は自由にどこへでも、変更することができるのです。

 

ですから、手続きさえしてしまうと本籍地を

 

ディズニー大好きなら「ディズニーランド」

阪神タイガースの大ファンなら「甲子園」

日本人の誇りが強い人なら「皇居」

 

のように変更することができるのです。

皇居

 

 

 

本籍地の変更に必要な物は?

そんなに本籍地をどこにでも変更できるなら

「手続きが面倒なのでは!?」

と思っていませんか?

変更の手続きも非常に簡単に行うことができます。

 

本籍地の変更のことを転籍といいます。

役所に行き、転籍の手続きを行えば本籍地を変更することができます。

 

 

本籍地の変更をする場所

全国の市区町村役場で行うことができます。

現在の本籍地、変更先の本籍地。日本国内ならどこでもできます。

 

 

変更に必要な物は?

  • 転籍届
  • 戸籍全部事項証明書(謄本)
転籍届は全国共通の書式ですので、どこの役所でも手に入れることができます。

戸籍謄本は現在の本籍地とは別の市区町村へ転籍する時に必要です。

 

以上で本籍地を変更することができます。すごく簡単ですよね!

届出には印鑑が必要ですのでお忘れなく!

書類など

 

 

 

本籍地を変更しても大丈夫なの!?

本籍とは戸籍法上の、概念だという考えがあります。

 

簡単に言うと、

戸籍を管轄している市区町村が何処かということがわかればいいので、

本籍地の住所はどこでも構わないということになります。

 

 

本籍地、変更のデメリット

本籍地を変更してしまうと

「なにか、デメリットでもあるんじゃ・・・」と思う方も

いらっしゃるかもしれませんが、デメリットはほとんどありません。

 

しいてあげるならば、本籍地を変更した本人が亡くなった時に、

残された家族の方が相続の時に、変更先の役所に行かなければならない

という煩わしさがあるくらいでしょうか?

 

 

 

まとめ

いつからか、運転免許証にも本籍地は表示されなくなりましたし、

本籍の住所というのは昔ほど重要ではなくなったのかもしれません。

 

僕は大の阪神タイガースファンなので、

この機に「甲子園」に本籍を移してみようかな・・・^^;


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事



コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ