喪中はがきと寒中見舞いをだす時期と文例は??



喪中はがきとは??

喪中はがきというハガキは郵便局には売っていません。

年賀状は年末になると大々的に売り出すのになぜなんでしょうね??

喪中はがきはどこに売っているのかほとんど知らないですよね。

 

喪中はがきではなく、正しくは「年賀欠礼の挨拶状」または「年賀欠礼状」

という風にいいます。

慶次を避けて、年始の挨拶をいたしませんというお知らせのハガキのことを

一般的に喪中はがきと言っています。

 

喪中はがきっていつ頃だすのか??

喪中はがきを出していない方から年賀状が来た場合どうするのか??

などを書いてみようと思います。

 

 

スポンサードリンク






 

 

喪中はがきはいつだすのか??

いつまでに出さなければいけないという決まりは特にありません。

ただし、年賀状を用意する前に相手に届くように送るのが良いでしょう。

 

年賀状の発売が例年11月ですから、

できればその前に届くようにするのがいいでしょう。

 

と言うことは逆算すると10月中には投函しないと、

早い人は年賀状、発売と同時に用意をし始めるかもしれません。

 

たいていの方は12月に入ってから、年賀状を用意し出します。

(僕は独身時代はクリスマスを過ぎても年賀状は書いていませんでしたが・・・)

ですので、遅くても12月上旬までに届くようにすればいいでしょう。


喪中はがきだけで無く、年賀状、寒中見舞いもインターネットで注文するならこちら

 

 

喪中はがきをだす人

喪中というのは本人から2親等以内を指します。

一般的に3親等までに喪中はがきを送ると言われていますが、

これまでに、年賀状をやり取りしていた方にお送りすれば良いと思います。

 


スポンサードリンク







 

喪中はがきはどれを使えばいいのか??

普通の官製はがきを使っても構いませんが、

昨年は郵便局の胡蝶蘭のはがきを使用しました。

 

切手の印面が胡蝶蘭になっていて、落ち着いた雰囲気です。

郵便局のホームページに記載されています。

郵便局通常はがきページ

胡蝶蘭

 

 

喪中はがきを出していない方から年賀状がきた場合

寒中見舞いを送ることが一般的です。

松の内(1月7日以降)が開けてから立春までのあいだにかけて送ります。

 

文例としては以下の様になります。

寒中見舞い文例(喪中はがきを出し忘れた場合)

 

寒中お見舞い申し上げます。
早々のお年賀状、ありがとうございました。
昨年、私どもの義母が亡くなり、新年のご挨拶を控えさせていただきました。欠礼のお知らせも申し上げず、大変失礼いたしました。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
平成○○年 一月

便利・わかりやすい「冠婚葬祭マナー」社会人の常識・作法・ビジネスマナーさんより引用

 

 

まとめ

昨年は私の祖母が亡くなったので喪中はがきを書きました。

 

ある程度の年齢になってくると、悲しいことですが周りの近親者での不幸が

多くなってきました。

 

こういった挨拶でも、生きている者がきっちりしていけば、

亡くなった方も喜んでくれているのではないでしょうか?


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事

    記事が見当たりません


One Response to “喪中はがきと寒中見舞いをだす時期と文例は??”

  1. […] 喪中はがきと寒中見舞いをだす時期と文例は?? […]

コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ