中秋の名月はいつ?中秋ってどういう意味?



秋になると必ず各地で行われるお月見。

中秋の名月のお月見はどういう方法で行うのが正式な方法なんでしょうか??

その辺りを今回は書いて行きたいと思います。

 

中秋と仲秋どっちが正しいの?

その前に中秋の名月仲秋の名月の違いってわかりますか?

僕は知りませんでした(汗)


スポンサードリンク






 

中秋

こちらは旧暦の8月15日のことを指しています。

 

仲秋

こちらは秋の真ん中という意味です。

昔、7月を初秋、8月を仲秋、9月を晩秋と呼んでいました。

 

つまり、中秋の名月と言った場合は旧暦8月15日に見える月ということになります。

「月見」で調べてみても、8月15日から16日にかけて見ることを指しています。

仲秋の名月と書いた場合は旧暦8月のお月様ということになってしまいます。

 

正しいのは中秋の名月ということになりますね。

 

 

中秋の名月は満月なのか?

では、中秋の名月は満月なのでしょうか?

「月見と言ったら満月だろ!?」僕もそう思っていました。

思い出してみてください。中秋の意味はなんでしょうか?

中秋は旧暦8月15日でしたね。

現在は太陽暦ですから、

旧暦の8月15日が満月の日ではなくなってくる年が出てくるのです。

具体的には以下のようになってきます。

 

中秋の名月満月
20139月19日9月19日
20149月8日9月9日
20159月27日9月28日
20169月15日9月17日
201710月4日10月6日
20189月24日9月25日
20199月13日9月14日
202010月1日10月2日


 

お月見のやり方

お月見の正しいやり方ってしってますか?

たぶん、僕と一緒で月見の想像をすると

 

月見

 

こういうイメージが浮かんでいると思います。

このお供えの仕方、全てに意味があることを知っていましたか?

その置き方、由来を見ていきましょう。

 


スポンサードリンク







 

月見団子の由来

月見団子が白い理由はその名の通り、満月をイメージして

作られています。月見団子は決してまん丸では無く、すこし

つぶれたような形をしています。

 

 

月見団子お供えの仕方

大きさは一寸五分(約4.5センチ)が良いとされています。

これは十五夜のお月様からきているそうです。

 

また、月見団子の数は十五夜なら15個、十三夜なら13個と

数が決まっています。

並べ方も1段目に3×3の9個置き、

2段目に2×2の4個、十五夜のときは最上段に2個置くことが決まっています。

 

月見団子の盛り方

月見団子の盛り方


月見団子の置き場所、器

月見団子はイラストにもある「三方」という白木で作った

器に白い紙の上に置くのが正式な方法です。

ただ、一般家庭に「三方」があるのは少ないのでお盆に置いても

かまわないそうです。

 

また、飾る位置は月が見えるところ、または床の間におくようにします。

月見団子は月から見て左側に団子を置くようにしましょう。

 

まとめ

秋の夜長に風の音や虫の音を聞きながら、

心を落ち着かせて、月見をするのも良いと思いませんか?

毎日の、会社や学校のストレスから解放されなにもかんがえない時間を

始めてみませんか?
月見に団子を供えるならこれが必須↓↓↓


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事

    記事が見当たりません


コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ