PM2.5対策! N95マスクとは? 外出先での対策はコレ!



先日ニュースで、WHO(世界保健機構)の発表で

PM2.5などの微粒子物質が、最高レベルの発がん性物質であると

結論づけています。

 

PM2.5については、以前

「PM2.5とは? 対策は? 空気清浄機が特に有効!?」

の中で記事にしました。

 

PM2.5とは、どういうものなのか?

また、PM2.5の対策についても書いています。

 

でも、この記事の対策はどちらかというと、

屋内での対策でした。

 

PM2.5の対策は、外出先での対策も非常に大切です。

今回は、外出時の対策について、見て行きましょう!

 

 

スポンサードリンク






マスク

 

 

 

PM2.5のおさらい

PM2.5とは粒子の大きさが、2.5μm(マイクロメートル)以下のものを指し、

 

粒子状の物質をまとめて「PM2.5」と言っています。

 

読み方は「ぴーえむ2.5」そのままです。

 

中国の経済発展により、中国国内の大気汚染が深刻化してきました。

 

その大気汚染で発生した、PM2.5が偏西風に乗り、日本に到達することが

 

現在、問題になっています。

 

PM2.5は、偏西風が吹く、春先が一番飛来していますが、

 

年中、確認されています。

 

ですので、PM2.5対策は、春先だけでなく、年中行わないといけないのです。

 

 

 

 

PM2.5が引き起こす病気

2.5μmの非常に小さな物質です。

 

髪の毛の太さの1/30程度の大きさです。

 

PM2.5

 

 

器官を通過していくことにより、肺の奥や気道に付着しやすいです。

 

WHOの研究機関であるIARC(国際がん研究機関)は、

 

最新の研究結果で呼吸器疾患の要因になり、

 

発がん性物質として、5段階のうち最高レベルのものだと

 

結論づけています。

 

 

 

PM2.5の代表粒子、硫酸塩エアロゾル

PM2.5とは、2.5μm以下の微粒子物質の事ですが、

 

その中でも一番危険で代表的なものが、硫酸塩エアロゾルという物質です。

 

この、硫酸塩エアロゾルは石炭を燃やすことで発生します。

 

工場の煙突、一般家庭より発生した、硫酸塩エアロゾルは空高く舞い上がり、

 

偏西風にのり、風下の日本へと到達いたします。

 

硫酸塩エアロゾルは無色ですが、呼吸器や肌が弱い人は、

 

すぐに影響がでてきます。

 

頭痛、神経痛、喘息、アレルギー症状の悪化などがあげられます。

 

また、肺の奥まで到達した硫酸塩エアロゾルの影響で、

 

気管支炎や肺ガンのリスクが高くなります。

 

 

 

外出時のPM2.5対策

外出時のPM2.5の対策は、マスクが有効です。

 

マスクであれば、どんなものでも構わないわけではありません。

 

花粉症対策用のマスクは、つけていてもほとんど意味がないのです。

 

PM2.5の大きさは、花粉よりも10分の1以下です。

 

花粉対策用のマスクでは、目が粗すぎてPM2.5はほとんど通過してしまいます。

 

これでは、まったく意味がありません。

 

それでは、どのようなマスクが良いのかというと、「N95規格のマスク」です。

 

 

 

 

N95規格のマスクとは?

N95マスクは、米国労働安全衛生研究所(NIOSH)が認定した規格で、

 

直径0.3μmの粒子を、95%以上防ぐことができるマスクのことです。

 

形はくちばしのような形をしています。

 

鼻と口を、すっぽり覆うような形をしていますので、

 

PM2.5は、ほぼシャットアウトすることができるでしょう。

 

こんな、形をしていますが、通気性も考えられているので

 

長時間つけても全く、苦しくありません。

 

値段も高くなく、購入しやすいマスクがありますので探してみましょう。

 

僕のオススメは、PM2.5対策マスクです。

 

3Mのマスクは、N95規格の本場、アメリカで製造されています。

 

通気性もバツグンで、PM2.5からしっかり守ってくれます。

3M(スリーエム) 防護マスク 9211 N95 10枚入


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事



コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ