神戸ルミナリエの点灯時間!その瞬間はいつ?



神戸ルミナリエの点灯の瞬間を見るためには!?

神戸ルミナリエは夜に開催されているイベントです。

神戸の街が色とりどりの電球に飾られ、感動すること間違いないでしょう。

 

神戸ルミナリエを見に行くなら、絶対に一度は見て欲しい瞬間があります。

それが、点灯の瞬間です。

 

まずはこちらの動画をご覧ください。



 

どうでしょうか?点灯の瞬間は非常に感動する光景です。

初めて見た時のことは今でも忘れられません。

 

 

スポンサードリンク






 

 

点灯の時間

開催期間は2013年12月5日(木)〜12月16日(月)です。

点灯の時間は2012年の情報です。

アップデート随時していきますのでお待ちください。

ホームページで、確認したところ今年も、この時間でした。

曜日点灯時間消灯時間
月曜日~木曜日18:0021:00
金曜日18:0022:00
土曜日17:0022:00
日曜日17:0021:30


 

この時期の神戸の日没時間は平年では16時50分前後。

ルミナリエが始まる時間帯には暗くなっています。

 

土曜、日曜の点灯時間に間に合えば、薄暮の綺麗なルミナリエを

見ることができるでしょう。

 

 

 

点灯の瞬間を見るには?3つのチェックポイント

点灯の瞬間を一度見てしまうと、やっぱり何度も見てしまいます。

その為、点灯の時間は大変混雑してしまうのは仕方がないのですが、

少しでも快適に見るチェックポイントを抑えておきましょう。

 

 

1.開催期間中なるべく早く行く

神戸ルミナリエのホームページに掲載されている来場者数を見てみると、

開催期間の初日は、

他の日と比べると非常に少なくなっているのがわかります。

 

期間の最後の方になるに連れて来場者数も増えてきます。

 

 

2.土曜・日曜よりも平日に行く

土曜・日曜の来場者数は多く、

平日は約20万人に対して、土曜・日曜はほぼ倍の50万人前後です。

多い時には3倍の60万人の人手になることもあります。

 

 

 3.雨の日を狙って行く

晴れた日に行くよりも、雨の日に行くほうが来場者数は少なくなります。

注意点としては点灯時間が前倒しされる場合があることです。

 

少なくとも、公式の点灯時間よりも30〜40分早めに会場に着くように

しましょう。

 

雨の日ですので、傘と防寒対策はしっかりとしていきましょう。
神戸ルミナリエ
神戸ルミナリエ / kubotake


 

 

 

 

神戸ルミナリエの場所と最寄り駅、駐車場は?

神戸ルミナリエの場所と最寄り駅、駐車場の記事を先日、書きました。

「神戸ルミナリエの場所は?最寄り駅と駐車場はどこ!?」

 

電車で行く場合と車で行く場合をまとめていますので、

神戸ルミナリエへ行く際の参考にしていただければ幸いです。


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事



コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ