伊勢神宮 式年遷宮とは?日程はいつから?



遷宮とは?

神社の本殿を新築したり、

本殿の修理や新築の際に一時的にご神体を移転することを

遷宮と呼んでいます。

 

また、一定の期間毎に行われている遷宮のことを

式年遷宮と呼びます。

式年とは定められた年という意味で、

あらかじめ決まっている遷宮ということです。

また、式年遷宮とはたいていは伊勢神宮の遷宮のことをさすようです。

 

スポンサードリンク






 

この伊勢神宮の式年遷宮は「神宮式年遷宮」と呼ばれています。

伊勢神宮内宮

伊勢神宮内宮 正宮



 

式年遷宮は伊勢神宮以外でも行われています。

式年遷宮を行っている他の神社は
  • 鹽竈神社(宮城県塩竈市)
  • 穂高神社(長野県安曇野市)
  • 香良洲神社(三重県津市)
  • 神明神社(三重県志摩市)
  • 豊受大神社(京都府福知山市)
  • 住吉大社(大阪府大阪市)
となります。

 

 

 

伊勢神宮の式年遷宮(神宮式年遷宮)とは?

伊勢神宮の式年遷宮は20年に一度行われています。

平成25年に第62回神宮式年遷宮が行われる予定です。

 

式年遷宮の行事自体は平成17年から始まっており、

8年の歳月をかけて行われている行事です。

 

第1回は西暦690年に持統天皇が行われました。

それから、20年毎におこなわれている

とても歴史のある式年遷宮となっています。

 

日程

内宮の遷宮が平成25年10月2日(水)

外宮が平成25年10月5日(土)となっています。

 

 

場所

伊勢神宮外宮

三重県伊勢市豊川町279

【電車】伊勢市駅から徒歩5分
【車】県道・伊勢市駅前で右折1分

 

伊勢神宮内宮

三重県伊勢市宇治館町1

【電車・バス】近鉄鳥羽線・宇治山田駅からバス15分
【車】高速伊勢自動車道・伊勢西インターより5分



 

 

駐車場

伊勢神社外宮の駐車場

より大きな地図で 伊勢神宮 駐車場・アクセス を表示
伊勢神社内宮の駐車場


より大きな地図で 伊勢神宮 駐車場・アクセス を表示

 

 

 

神宮式年遷宮の正式参拝はいつから?

20年に一度の神宮式年遷宮を間近で見てみたい!

という方も多いことでしょう。

 

しかし、伊勢神宮では神宮式年遷宮の期間は

一般参拝、特別参拝ともに一時停止されています。

 

一般参拝

内宮が平成25年10月2日(水)の午後1時より終日

外宮が平成25年10月5日(土)の午後1時より終日

 

特別参拝

内宮が平成25年10月1日(火)〜10月3日(木) 終日

外宮が平成25年10月4日(金)〜10月6日(日) 終日

 

 

遷宮後の参拝は上記の期間を外せば可能となりますが、

10月中旬から来年の3月末あたりまでの間に特別参拝または御垣内参拝すると

外宮で古殿地拝観ができます。

 

これは遷宮前の古い正殿の横までいけるものです。

神様がいる間は天皇・皇后様しか入ることは許されていません。

 

遷宮のあとで神様がもういらっしゃらないので、

入ることができるのです。

 

伊勢神宮外宮(豊受大神宮)

伊勢神宮外宮(豊受大神宮)



 

正式参拝は初穂料1,000円で行うことができます。

 

ただし、注意点としてドレスコードがあります。

ジーンズなどのラフな格好ではお参りすることができません。

スーツにネクタイ、革靴といった正装をするようにしましょう。

女性の方もあまり派手な格好は好ましくありません。

 

20年に一度しか見ることができませんので気持ちも、格好も

キチッとして参拝するようにしましょう。


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事

    記事が見当たりません


4 Responses to “伊勢神宮 式年遷宮とは?日程はいつから?”

  1. 伊勢 神体納める器、新正殿に 内宮で御船代奉納式

    伊勢神宮の社殿を一新して神体を移す、第62回神宮式年遷宮の、御船代奉納式が17日、伊勢市宇治館町の内宮で執り行われた。神体を納める「御樋代」の器となる「御船代」を完成し、新…

  2. 伊勢神宮、「遷御」の儀を控えた新しい正殿

    20年に1度、社殿を建て替え、装束や神宝を新調してご神体をうつす伊勢神宮の第62回式年遷宮で、クライマックスとなる「遷御」の儀を1週間後に控えた25日、内宮ないくうの新しい正殿や…

  3. 20年 思いつなぐ 伊勢神宮遷御、県内からも30人参列

    20年に1度社殿を建て替え、奉納する宝物や装束なども新調して神様に引っ越してもらう伊勢神宮の式年遷宮は2日夜、8年間にわたって続けられてきた祭事や行事のクライマックスで、新し…

  4. 伊勢 新正宮に奉納品 遷御一夜明け儀式続く

    第62回神宮式年遷宮の一連の諸祭行事の一つで、天皇陛下が神に奉られる絹の布「幣帛」を奉納する、「奉幣」が3日、伊勢市宇治館町の伊勢神宮内宮であった。古来、遷御とともにひとき…

コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ