旬が冬の魚は? 12月1月2月



旬の魚を調べてみよう

1年を通じて、一番美味しい時期の事を、と言います。

旬の時期が、季節、月によってあります。

 

これからの、冬の季節(12月、1月、2月)に旬がやってくる

魚を調べてみました。

 

主婦の方や、料理を仕事にしている方にとっては、

当たり前の事かもしれませんが、料理をしない男の人は、ほとんど知りません。

 

 

魚の旬は、さんま、カツオくらいしか、僕はしりません。。。

(知らなさ過ぎでしょうか!?)

 

 

冬が旬の魚と言っても、たくさんあるので、

僕が好きな魚を、優先的に上げていこうと思います。

 

 

それでは、

冬が旬の魚を見て行きましょう!

 

 

スポンサードリンク






 

 

冬が旬の魚

平目または鮃(ひらめ)

ヒラメは、11月下旬頃〜1月頃までが、一番の旬です。

中でも、12月が一番脂ものっていて、美味しくいただけます。

 

カレイと非常に似ている魚で、見分け方は

「左ヒラメに右カレイ」というように、左を向いているのがヒラメです。

ヒラメ2

 

 

例外もいるけど、それはまた別の機会に。

 

 

ヒラメを選ぶポイントは、ヌメリに透明感があるもの。

ツヤがあって、身に厚みがあるものを、選ぶのが良いでしょう。

 

特に、エンガワ(エラの部分)が厚いと、

身が引き締まっていて、美味しいと言われています。

 

 

産地は、青森、北海道が多いです。

 

 

ヒラメといえば、「ヒラメのエンガワ」

1匹から僅かしか取れないため、非常に高級な寿司ネタです。

 

一度でいいので、お腹いっぱい食べたい寿司ネタです。

 

 

ししゃもまたは柳葉魚(ししゃも)

ししゃもの旬は、11月〜12月です。

 

ししゃもと言えば、「子持ちししゃも」が有名です。

産卵前のこの時期が、旬となります。

 

ししゃも

 

ししゃもはサケ目に、属しているため

サケと同じように、川をさかのぼって産卵します。

 

ただし、現在では漁獲量が減少しており、

普段、店頭でみるのは「カラフトししゃも」がほとんどだそうです。

 

 

選び方のポイントは、

子持ちししゃものキモである卵(お腹)です。

お腹がふっくらと、大きな魚を選ぶようにしましょう。

 

体にハリがあり、全体的に引き締まっているもの。目が澄んでいるものを選ぶのがポイントです。

 

 

 

ブリまたは鰤(ぶり)

ブリは12月〜2月が、最も旬です。

出世魚として、知られていますね。

 

関西と関東では、成長過程の呼び名が違うことでも有名です。

 

関東:ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ

関西:ツバス→ハマチ→メジロ→ブリ

 

九州南部で産卵と孵化をしたブリは、北海道まで太平洋を北上します。

北海道南部で成長したブリは、秋ごろから日本海を南下し始めます。

 

そのまま、南下し、12月、1月にかけて

鳥取、島根近郊でとれたブリのことを「寒ブリ」と呼んでいます。

 

 

近年では、天然物をブリ養殖物をハマチと呼ぶこともあります。

脂の乗った天然物のブリを選ぶ、ポイントは尾びれです。

 

鰤

 

天然物は、尾の根本が引き締まっていて、尾びれが鋭く長くなっています。

それに対し、養殖物は尾びれが丸く短くなっています。

また、全体的に頭や体も丸みがかっています。

 

産地はやはり、鳥取、島根がよくとれます。

 

代表的な料理は

前回の記事「煮物を作る時の簡単なコツ!ぶり大根で!」

でも書いたように、ぶり大根です。

 

また、ブリの照り焼きも美味しいですね。

 

 

 

タラまたは鱈(たら)

タラは12月〜1月が、最も旬な魚です。

漢字で書くと、「魚へんに雪」と書くように、冬の代表的な魚です。

 

 

選ぶポイントは、

ピンク色をしたハリがあるものを、選びましょう。

身が白くなっていると、冷凍ものである可能性が高いです。

 

 

東北、北海道が主な産地です。

12月〜2月にかけて、産卵の為に沿岸部によってきます。

 

この時期が一番、脂ものっていて、美味しくいただけます。

 

ちなみに、銀ダラはタラの一種ではありません。

全く別の魚で、「メロウ」の事を銀ダラと呼んでいるので

タラとは、関係ありません。

 

タラの料理では、ムニエルのバター焼きがとても、大好きです。

外はカリカリ、身はふんわりとした食感は、食べていて幸せです。

 

 

 

まとめ

魚など旬のあるものは、一番最高な時期に食べるのが体にも良いと

されています。

 

板前

 

冬は他にも、たくさんの旬の魚、野菜など出てきますので、

しっかりと、良い物を選んで、食べるようにできれば良いですね。


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事

    記事が見当たりません


コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ