冷凍ご飯の作り方! 期限と解凍方法は?



冷凍しておくと便利な食材というと、なんと言ってもご飯ではないでしょうか?

 

子供が小さかったり共働きで、料理に時間を掛けられない主婦の方が

多いと思います。

 

お茶碗ご飯

 

おかずも考えないといけないし、ご飯も炊かないといけないし…

すこしでも、夕飯の手間がなくなれば、気持ちも楽になりますよね。

 

今回、ご紹介するのは、基本中の基本。

主食の、ご飯の冷凍です。

 

でも、冷凍ご飯は、いつまでも冷凍庫の中に眠らせていても良いのでしょうか?

また、冷凍ご飯にとって、一番良い解凍方法はなんなのでしょうか?

 

今回は、冷凍ご飯の期限と解凍方法を、一緒に見て行きましょう!

 

 

スポンサードリンク






 

 

冷凍ご飯の作り方

白米は、

炊飯器で長時間、保温したり冷蔵庫に入れておくと味が落ちてしまいます。

 

 

でも、炊きたての美味しいご飯を冷凍すると、

美味しいまま保存することができるのです。

 

ただ、気を付けなければいけないことがあります。

冷凍ご飯は、炊きたては非常に高温ですので、気を付けましょう。

 

ご飯は、小分けにして、ラップに包むのが一番良いです。

目安はお茶碗、1杯分です。

 

次回の解凍時に、1杯分ずつのほうが使いやすく便利です。

この時、空気はできるだけ入らない様に、

真空状態に近ければ近いほど、美味しさが保たれたままになります。

 

空気に触れると、酸化してしまいますから、

その時間が、短ければ短いほど、傷まずに解凍したときに美味しくいただけます。

 

 

それともう一つ、

冷凍する時は、急速冷凍を使う。

ご飯は出来たてが美味しいですから、

出来たてのまま、瞬間的に凍らせるのが一番良いです。

 

 

ここで、冷凍する時のコツをひとつ。

たくさんのご飯を、1つに冷凍すると、残った時に、

再度、冷凍するか、処分しないといけないからです。

 

これでは、ご飯がもったいないですから、

小分けにお茶碗1杯分ずつ、冷凍しましょう。

 

 

 

お茶碗1杯分、結構、難しくないですか?

実際のお茶碗に入れて、ラップに包み変えたり・・・これも面倒ですよね。

最近は、タッパがお茶碗1杯分で、そのまま冷凍できるものが売っていますね。

クレハ キチントさん ごはん冷凍保存容器 【一膳用】 2個入り

クレハキチントさんごはん冷凍保存容器
 

まとめ買いしておいて、使うのも良いかもしれません。

 

 

冷凍ごはんの作り方の、チェックポイントは
  • 熱いうちにラップして、冷凍すると美味しいままいただける
  • なるべく、空気に触れないように真空状態で冷凍する
  • 冷凍時は急速冷凍など、できるだけ早く冷凍する
以上の点に、気をつけるようにすれば、美味しい冷凍ご飯ができます。

 

冷蔵庫

 

冷凍ごはんの期限は?

※あくまでも個人的な見解です。実際に召し上がる時は十分気を付けてください。

 

冷凍保存したご飯は、どのくらいの期限で持つのでしょうか?

 

冷凍ごはんの期限は、だいたい1ヶ月くらいです。

あるサイトによれば、

1年とかそれ以上とかって情報もありますが、それは辞めたほうが良いです。

 

 

ご飯の状態もそうですが、美味しさを保つためには、いくら冷凍しても

1ヶ月くらいが限界でしょう。

 

 

ウチの家庭では、もっと短く、2週間くらいの間に食べて、それ以上の場合は、

もったいないですが、処分しています。

 

 

 

冷凍ごはん、解凍方法は?

解凍方法で、もっとも気を付けなければいけないことは1つだけです。

それは、

 

一気に加熱して解凍すること!!

 

これのみです。

 

電子レンジを使う場合は、「解凍」機能ではなく、「加熱」機能をつかいましょう。

加熱方法は、強で2分くらいレンジをして、様子を見てみるのが良いです。

 

電子レンジの解凍機能は、メーカー、機種にもよりますが、

解凍機能は低出力で解凍する為、冷凍ごはんの解凍には適していません。

 

冷凍ごはんは一気に加熱したいので、加熱機能を使います。

 

 

いったん、ご飯の状態を確認してみて、

まだ固いようでしたら、追加でレンジを使ってみるのがオススメです。

 

 

ご飯食べる

 

 

まとめ

冷凍ごはんは、自分の家で作った、ご飯が保存できます。

最近の冷凍庫の機能は、性能が上がっていて、冷凍ごはんに適しています。

 

うまく、冷凍ごはんを使えば、お金と時間の節約にもなるので、

今まで、使っていなかった方は、コレを機に一度試してみてください。


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事

    記事が見当たりません


コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ