ペルセウス座流星群とは? 方角と時間は? 2014



ペルセウス座流星群とは、夏のお盆の頃に見える三大流星群の一つです。


一番多い時では、1時間に50個くらいの、流れ星を見ることができるのです。


流星群というのは、どういった感じなのかこちらの動画をごらんください。



少ないと感じられたかもしれませんが、

全天に流れる流星は、非常に壮観です。



でも、流星群は一体どのような仕組みで、起こっているのでしょうか?

また、ペルセウス座流星群を見る方角と時間は、どちらを向いて見ていれば良いのかを

ご紹介したいと思います。



スポンサードリンク








ペルセウス座流星群とは

流星群の3大流星群を、知っていますか?

「流星群??そう言えば、一年に何度か◯◯座流星群って聞くよね。」

と、思った方は鋭いです!



  • しぶんぎ座流星群・・・1月
  • ペルセウス座流星群・・・8月
  • ふたご座流星群・・・12月

この3つのことを、3大流星群と呼んでいます。



「それくらい、知ってるよ!」という方は、サスガです!



なぜこれらが、3大流星群と呼ばれているのでしょうか?

実は、日本では流星群はコレ以外にも、14の流星群が見えるのです。




とりわけ、この中でも、1時間に40〜80個のたくさんの流星が見える、

これらの流星群を、3大流星群と呼ぶようになったのです。



その他の流星群と、流星については別の記事でまとめています。

よろしければ、ご覧ください。

流星群とは?三大流星群と観測時期一覧!




スポンサードリンク








なぜ?ペルセウス座なの?

流星群とは、夜空にたくさんの流星が流れるのは、冒頭の映像で分かってもらえたと思うのですが、

では、なぜ「ペルセウス座」なのでしょうか?



星座に詳しい方なら、「ペルセウス座って秋の星座じゃないの?」と思われたかもしれません。


その通りです!


ペルセウス座は秋に見える星座なのですが、流星群については見える季節は関係ないのです。



流星群というのは、地球の軌道上を通過している彗星が、塵(ちり)を残していきます。

その塵が、地球の大気に触れて、燃え尽きている現象です。



ペルセウス座流星群にも、母天体(彗星)が存在します。

その彗星は、「スイフト・タットル彗星」と言うのですが、この燃え尽きるときに

どの方角から始まっているかという、方角がペルセウス座なのです。



ちょっと難しいですね。

もっと簡単に、書いてみましょう。



想像してください。



流れ星は、始まりの点があり、終わりの点に一気に流れます。

願い事を3回唱えれば、叶うとか言いますが、結構厳しいです。


その、流れ星の始まりの点(これを放射点と言います)がある方向にあるのが


ペルセウス座


ということになるのです。



もうお分かりですね。

このことから、ペルセウス座流星群と言うようになりました。






ペルセウス座流星群を最高に良い状態で見るには

2014年(平成26年)のペルセウス座流星群は、どちらの方向をいつ、見れば良いのでしょうか?



今年のペルセウス座流星群の極大期は、8月13日(水)午前9時です。

夜も開けて、明るいのでその時刻には、無理です。



少し時間をずらして、12日夜中から13日未明にかけてが一番良い時間帯です。

方角は、全天が見渡せる場所であればどこでも構いません。



流星の発射地点は、ペルセウス座の方角ですが、そこばかりを見ていると見逃してしまいます。

当日は、近くに高い建物が無い場所で、空を広く見渡せる場所が良いです。


見渡せる場所でも、街明かりが見えると空と地上部分がよく見えません。

できれば、都会から離れた、近くに山がない広い土地が絶好の場所となります。



全天がよく見渡せる広い場所

星空






流星群を見るときの持ち物

3大流星群の他の流星群に比べて、一番過ごしやすい時期ですので、

持ち物も、多くならないでしょう。


ただ、これだけは持っていった方が良い物を、ご紹介します。

  • 蚊取り線香
  • 首のクッション
  • レジャーシート


蚊取り線香

虫除けスプレーでも構いません。

夏真っ盛りですから、夜になると虫が多く、

翌朝、あちこちが痒くなっても、僕は責任を持てません。




レジャーシート

全天を見渡せる場所を確保したなら、なるべく全て見渡せるように

寝転んで空を見たほうが、ダイナミックな天体ショーが見れます。


そのためには、レジャーシートを広げ、その上に寝転んで空を見上げましょう。

天の川を横切る、流星は圧巻です。




首のクッション

寝転んで、見ていると痛くなってくるのは、まず僕の場合は首です。


首のカタチをしているクッション
や、

無い場合はタオルなどを替わりに使えば、十分間に合ったりします。


ずっと、同じ体勢で空を見上げるのは、辛いところがあります。


最高の流星群を見るためには、ちょっとした工夫が必要です。






まとめ

ペルセウス座流星群を、見るために僕が普段していることを、ざっとまとめてみました。

3代流星群のうち、2つは12月と1月に極大期を迎えます。


その2つに比べると、ペルセウス座流星群は夏に見える流星群です。

今回、ご紹介した方法を使って、素晴らしい天体ショーを楽しんでください。


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事

    記事が見当たりません


コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ