ダイエットと睡眠時間の関係は?成長ホルモンで痩せる!



寝るだけでダイエットできる!?

ダイエットといえば誰もが思い浮かぶのは

食事制限(カロリー制限)と運動ではないでしょうか?

 

最近の研究でダイエットは食事制限、運動をとらずに

睡眠をとるだけでダイエットに効果があることがわかってきました。

 

食べたいものを我慢したり、キツイ運動をせずに、

寝るだけで良いなんて、ウソのようだと思っていません?

 

なぜ、寝るだけでダイエットになるのか…

今回はその理由を書いていこうと思っています。
弛緩
弛緩 / iandeth


 

 

 

寝るだけで痩せる理由

たくさん食べる→太るというのはだれでも想像できます。

 

では、

 

寝る→痩せるというのは分からないし、想像できない方がほとんど

ではないでしょうか?

むしろ、「食べた後すぐに寝ると太る」。

こっちのほうがしっくり来る人の方が多いと思います。

 

寝るだけで痩せれる秘密は寝ている間に分泌されるホルモンに

あったのです。

通称「痩せホルモン」を睡眠中にうまく分泌することによって

寝るだけで痩せることができるのです。

 

 

 

痩せホルモンとは何なのか?

痩せホルモンの正体は「成長ホルモン」というホルモンです。

成長ホルモンとはその名前の通り、

生まれたばかりの赤ちゃんが

大人になるまでに骨や筋肉をつくる為のホルモンです。

 

このホルモンがなぜダイエットに関係するのかというと、成長ホルモンの作用に

脂肪の燃焼があるからです。

 

そして、この成長ホルモンが特に多く分泌されるのが寝ている間です。

 

 

 

成長ホルモンと睡眠の関係は!?

成長ホルモンは成人になると一日に分泌される量がだんだん減っていきます。

ただ、年齢を重ねるとなくなってしまうわけではありません。

 

いくつになっても一定量の成長ホルモンは分泌され続けます。

これは、肌の老化を防いだり、病気への抵抗力を高めているのです。

 

まわりで寝不足で顔色も悪く、肌もボロボロという人はいないでしょうか?

これは睡眠が正しくとれないで、成長ホルモンの分泌が足りていない証拠です。


みんな寝不足 / chiaki0808


 

成長ホルモンと睡眠の関係がわかりましたでしょうか?

では、どうすれば寝ている間に成長ホルモンを増やすことができるのでしょうか?

 

 

 

成長ホルモンを多く分泌してさらにダイエット!

成長ホルモンを多く分泌する為に最低限やっておきたい方法です。

その方法は3つあります。

 

1.午前3時には就寝する。

2.寝はじめてから3時間は熟睡する。

3.1日、7時間の睡眠をとるようにする。

 

以上です。

 

 

午前3時には就寝する。

成長ホルモンは夜10時〜翌午前3時のあいだに

多く分泌されると言われています。

 

この間を成長ホルモンのゴールデンタイムと呼ばれているくらいです。

ぎりぎりでも午前3時にはベッドに入るようにしましょう。

 

 

寝てから3時間は熟睡する。

成長ホルモンは就寝後、3時間で分泌され始めます。

3時間はじっくりと寝れるような環境作りをしてみましょう。

 

 

1日、7時間の睡眠をとるようにする。

こちらも研究の結果から短い睡眠時間の人に比べて

7時間の睡眠をとっている人の方が

成長ホルモンの分泌量が多いという事がわかっています。

 

 

この3-3-7睡眠法と覚えて、実践するように心がけましょう。

(冒頭の本の中で紹介してあります。)

 

 

 

まとめ

寝るだけのダイエットを成功させようと思えば、

もっと、寝る(寝室の)環境を良くすれば成長ホルモンがより多く分泌され、

痩せることができます。

 

ただ、今回ご紹介している方法を実践するだけでもかなりの効果があるでしょう。

ダイエットだけでなく、成長ホルモンには肌の老化現象を防ぐ効果も期待できますので、

アンチエイジングにもつながります。

 

熟睡して、ダイエットと美肌になりませんか?


スポンサードリンク




最後までお読みいただきありがとうございます。

お疲れ様でした。
記事は面白かったですか?ソーシャルボタンで共有していただければ嬉しいです。



関連記事

    記事が見当たりません


コメントを残す

サブコンテンツ

feedly

follow us in feedly

google+

メニュー

このページの先頭へ